島原病院について

トップページ > 島原病院について

島原病院について

島原病院について

ストレスの多い現代社会において、いつ起こるともわからない急性心筋梗塞や狭心症、不整脈、心不全などの心臓疾患に対し、最高の医療を提供する循環器専門病院です。循環器内科では心臓超音波検査、64列マルチスライスCT、心臓カテーテル検査による診断を行い、薬剤や冠動脈インターベンションなどの治療ですばやく、的確に心疾患に対応しています。また、ペースメーカー手術など、高度で幅広い医療を実践しています。

診療科

循環器内科 ・ 心臓血管外科 ・ 糖尿病内科 ・ 内科

理念

より良き医療を創造する

基本方針

心臓病中心の高度な医療と共に、患者さま中心の心のこもった医療を提供する

病床数・外来数

病床数 22床(許可病床数62床)
外来患者数 2800人(1ヶ月平均)

沿革

昭和60年 島原病院開院
平成7年3月 循環器専門病院として新たにスタート
検査機能を坂崎診療所(平成2年設立)に引継ぎ、体制を刷新
平成17年 オーダリングシステム導入
平成18年3月 64列マルチスライスCT導入
平成18年5月 心血管像影装置を直接変換方式フラットパネルディテクタ搭載システムに一新
平成25年4月 糖尿病内科 標榜
平成26年2月 増築
平成26年10月 心臓リハビリテーション開始

このページの上へ